« 白は白でも違うのだ | トップページ | 情緒的貧困?時代 »

2010年8月25日 (水)

自分の道を歩いていく

生きる目標は何ですか?と尋ねられて、きちんと答えられるだろうか?。振りかえってみれば、自分の意志で生まれてきたわけでは無い。親を選ぶことは出来ないし、其れこそ、親の勝手で生まれてきたともいえる。名前にしろ自分で付けたわけではない。しかし、選ばれてこの世に生を受けたのである。自分らしく自分の意志で歩いていきたいものである。小泉劇場というのが世間を騒がせたが、自分自身の人生劇場。自分が主人公、自分で自分の道を切り開く。

| |

« 白は白でも違うのだ | トップページ | 情緒的貧困?時代 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自分の道を歩いていく:

« 白は白でも違うのだ | トップページ | 情緒的貧困?時代 »