« 互いに元気でありたい | トップページ | デンタルももちゃん »

2009年6月20日 (土)

臓器移植法改正問題A案通過

生命は限りある儚いもの。生命は現在まで絶えることなく続いてきた。国会で難航していた臓器移植法改正問題「脳死は一般に人の死」と法律で定めるA案が衆議院を通過した。海外で移植手術を受けなければならない、他国依存の日本。年齢制限を無くしたA案。海外まで行って移植手術を受けなければならない患者と家族の気持ち、脳死を死と受け止められない患者の家族の気持ち。ヒョツとしたら目を覚ますのではないだろうかと奇跡を願う家族。臓器が移植された人の体の中で生きつづけてくれることを願い、亡くした家族と何時までもつながっていられるのではないかと、臓器を提供した家族もいる。良かったのか悪かったのかと常に苦悩していることだろう。母親も姉も脳死状態だった、担当の先生から「如何しますか?」と訊ねられた。今にも目を覚ますのではないかと思った、奇跡が起こるのではないかと思った。少し動いたような気がした、しかし其れは気のせいだったのかもしれないCa3900152_2 Ca390019 Ca390016_2 Hi380003003 Ca3900033 。「日本人の死生観」が大きく前に覆いかぶさっている。難しい問題である、法案だけが一人歩きしなければいいが。

| |

« 互いに元気でありたい | トップページ | デンタルももちゃん »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 臓器移植法改正問題A案通過:

« 互いに元気でありたい | トップページ | デンタルももちゃん »