« ストレスよ飛んでいけ | トップページ | マスコミに翻弄される事なく暮らす »

2009年1月 7日 (水)

年明けから悲しいニュース

空気が乾燥しているからか、其れとも急な寒さの到来からか?。火災が多く、大切な尊い命が失われる。一番被害に合うのは幼い子供と年寄りである。悲しい火災で命を落とす事のないように、火の元には注意をしなければならない。金太おじさんの家は2階を寝室にしている、暖房はエアコン。1階の台所に火元となるガスコンロと石油ファンヒーターがあるが、炊事をしている時は奥さん火元を離れない、金太おじさんは石油の臭いが嫌いで余り使わない。勿論ガス漏れ探知機はつけてある、それ以外の部屋は電気ストーブや電気マットにエアコン。だから火災警報器など必要が無いのだ、夜はちび丸子が仏壇のある和室で寝る。金太おじさんが寝る時には電気マットの電源は抜く、ちび丸子は余熱で大人しく朝まで眠るのだ。異変があればちび丸子が「ワンワン」とけたたましく吠えてくれるだろう、念には念をで「けむり当番」火事ですを取り付けた、これで万全だ。外の玄関には「センサーライト」を取り付けた。駐車場の前に街頭があるので必要ないと思っていたが、朝5時ごろ門扉がガタガタに壊されていた、友人知人は警察に届けた方がいいとアドバイスしてくれた。奥さんの甥は警察官だ。取り合えず「センサーライト」を取り付けた、センサーが感知すると自動点灯、360°感知、光で警告だ、その後被害は無い。今まで気にも留めなかったが「センサーライト」を取り付けている家が多いのに驚いている、それだけ悪いやからが多いのだ。

| |

« ストレスよ飛んでいけ | トップページ | マスコミに翻弄される事なく暮らす »

ニュース」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年明けから悲しいニュース:

« ストレスよ飛んでいけ | トップページ | マスコミに翻弄される事なく暮らす »