« おもちゃロボットは中高年に人気 | トップページ | 動物は人を見ている »

2008年9月17日 (水)

「食の安全」は何処にあるのか

「事故米」の流通先370社が公表された、外食産業3件が含まれていた。底なしに広がっていく、事故米は全て輸入米だというのだ。鹿児島県酒造組合は農林水産省の検査体制の不備で事故米が流通し風評被害を受けた」として国に損害賠償を求める訴訟を起こし、三笠フーズに対しても検討中という。飲んだり食べたりさせられた消費者は如何すればいいんだ、何処に苦情を言えばいいんだ、腹を壊したり、下手すると病気になったりして泣き寝入りか、一番腹を立てているのは消費者だ。都民の台所として知られる「築地市場」の豊洲移転計画、豊洲といえば、高濃度の有害物質で汚染された東京ガス工場跡地、其処に移転させる計画、都の再調査でも環境基準の4万3千倍の発ガン性物質・ベンゼン・シアン化合物が検出されたという、市場関係者や都民の反対運動が高まりデモ行進。都は1980年代から、築地市場を現地で再整備する計画を進め、立体駐車場を設備したのに何故不安が残る豊洲に移転を考えるのか、「食の安全」が騒がれているなかで一番「食の安全」が忘れらているCa390013 Ca390019 Ca390004001 のではなかろうか。

| |

« おもちゃロボットは中高年に人気 | トップページ | 動物は人を見ている »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「食の安全」は何処にあるのか:

« おもちゃロボットは中高年に人気 | トップページ | 動物は人を見ている »