カテゴリー「趣味」の投稿

2019年6月17日 (月)

隅に追いやられる喫煙者

禁煙してから20年の歳月が流れる、俺はヘビースモーカーだった、マイカーと家の中の壁は煙草のヤニで真っ黒けのけだったが、リフォームを切っ掛けにスパッと止めた。お蔭で壁も綺麗、臭いも無い。一番喜んだのは奥さんかな?何故なら早朝100㍍先に煙草を買いに走らせられる事度々であったからである、別段嫌がる事も無かった、何故ならば?慣れていたからである、OL時代に散々上司に買いに走らせられた経験があるからである。今では考えられない事であろうか?昨今喫煙者が嫌われる?隅に追いやられている、ファミレスも全般的に禁煙になって来たのかな?「お煙草吸われますか?」と聞かれなくなった、聞かれたとしても灰皿が無いだけ、御隣でモクモクと煙が出ている。奥さんはゲホゲホと咽る~線香の煙にもむせ返る、仏さんには調子のいい時だけ線香をたく。其れでいいんだ生き仏様が一番大事。将来の結婚相手は煙草を吸わない人が良いと考える未婚者が成人の約7割に上がる?案外女性に多いよな~家の中で吸わない、自分の前で吸わない、禁煙して欲しと考えている配偶者、受動喫煙の危険性が取沙汰されるようになり健康への意識向上、一人で解決できない事もあるが~ならばと換気扇の前でプカプカすればお隣さんに煙がモクモク~ベランダや玄関前で吸えば散歩中の人はもろに吸い込む。周りを見ろよ、自分勝手に吸うな家で吸えと言いたい。

|

2019年6月14日 (金)

信じれば救われるか?

あれそれこれ其れと人の名前が出て来ない、思い出そうとすればするほどに息苦しくなり、辛くもなる。別段思い出さなくてもいいのだ、問題ないのだ今見ている俳優の名前なんかな~、古い・古い時代劇の時は、やけくそだ「死んだな」と俺より年なんだからで解決だ。暫くすると思い出す、思いつく。思い出せなくて気になる時は、何とかしようとネットで調べて解答を出す、結論を急ぐ、思い出せない俳優ばかりではない、色々と日常の事などでだ~急ぐ必要は無いのだが、曖昧さが嫌なのである、正解を求めたがる。別段人に聞かなくてもネットで調べれば簡単に解答が出る、其れが正しいか?正しくないかは?自己責任?最近の風潮?何故か?スッキリしたいのである。皆と同じでいたい、普通でありたい、個性が何処かへ追いやられていく、こぼれて行く。他者の評価を人は気にして生きている。振り回されず賢く生きる。2020年東京オリンピックサーフインの会場が千葉県一宮が開催地に決まった。一宮と言えば思い出すのが奥さんの苦い経験である。遠い昔の昔女学校の臨海学校での出来事、提灯が幾つも・幾つもあったと~何故かと訊ねたら、先生と生徒が溺れ死んだと14人?、蛍を初めて見たと、亡くなった人の数だけ飛び交うのだと~次の日、奥さんは学友全員とつないだ手が外れ溺れたと、死ぬかと思ったそうな、サーフィンには最高の高波にさらわれたのである、「運が良かった」「ダンプにも引かれそうになったことがある」と母方は神社、父方は寺で守られているのだと信じて疑わないのである。

| | コメント (0)

2019年6月 8日 (土)

楽しみが増えた

美味い・美味過ぎる~何処かで聞いた覚えのあるCMであるが、大和屋の守口漬けは美味い・美味過ぎるのである、奈良漬けであるが、酒飲みのつまみに最高~残った酒粕には野菜を色々漬けこみ二度楽しめる、010_2 雨の中ワザワザ届けてくれました、お花も一緒にです。豪華だな~雨の降り続く中切り花に、驚いたな~申し訳ない、客間兼書斎に飾ろう、素晴らしい眺めだ。我が家にも柏葉紫陽花があるのだが、咲かない、何故だ?柏葉紫陽花は葉っぱの形が柏の葉の様に大きく切れ込みが入った形で、秋には赤やオレンジ色に紅葉する、庭中花一杯の友達に奥さんが話したら「あげるわよ」と言われ貰って来たのだが残念ながら隅田の花火だったと、紫陽花大好きで色々な種類を植えてはいるのだが、花がチッチえ~俺のせいではない、刈込し過ぎた?豪華な花束だ、菩提寺の奥さんが活ける花も豪華版だ、奥さんは質素?若い頃池坊を習っていた、池坊は?池のほとりに住坊を構えたので池坊、朝夕仏前に花を供えるのが習い、床の間に飾る花として~だからか?裏から見るとヘン?一応脇教授まで~だが俺との結婚で辞めた。先生からは「絵をやっているからかしらね」とは常日頃稽古の度に言われたと、勤めの関係からか?草月流と古流も習っていたとさ~。008_3 009_4

|

2019年6月 2日 (日)

誤解八戒

スバルへ行って来た、イベントである、粗品に抽選で何か?当たるかもとの期待感を持って、粗品大好き・イベント大好きの奥さんの為?マイカーを走らせた、会場で降りるつもりはなかったのであるが、可愛い子ちゃんに声を掛けられては降りないわけにもイカズ~ランタンとミニカーを奥さんゲット。003_7

今日は朝食の支度中に地震があったばかりだ、ランタンは便利である、良いものをチョイスするよな~ミニカーはヘッドライトが付く優れものだ、キーホルダーになっている。奥さんは1つ白いのをバックに付けているのだが、「此れ動かない」と~ポップコーンを貰った、004_6帰りがてら友達に届けた「食べた事ない」と言う、この前ツバメの子供が何者か?に襲撃されたと落ち込んでいた彼女である、しかしだ~襲撃されたのではなく子供達の巣立ちの訓練で巣が壊れたのだと~勘違いでカラスが犯人扱いされていたのである。沢山ポップコーンを貰ったので婆ちゃんにも届けたら「固くてくえねー」と言いながら大喜びで土産を貰う。005_4002_5

|

2019年5月31日 (金)

カラスだけが悪いわけじゃない

カラスが嫌いなわけではない、カラスは黑い、黒いから嫌われる。だが~鳩を襲い、ゴミを荒らす~生活の為だから仕方がないのだ、子育ての為だから気が荒くなる、自然の摂理、弱いものが負ける。友の自宅の玄関前の軒下にツバメの巣がある、毎年巣作りし子育てしていたが、今年は旅立ちマジかに何者かに襲われ下に羽が飛び散り心が折れたと言う。犯人は?カラス?ムクドリ?ヒヨドリ?何者だろうか?分からないが巣立ちまで見守り続けていたのだ、毎年~傷つき立ち直るのに時が必要だと~生き物には必ずや死がつきまとう~奥さんにはカラスの苦い記憶がよみがえったと~小学2年生くらいだったか?河原でセリ摘みをしていたそうだ、2歳位歳下の顔見知りの子がやってきたが、カラスがカ~カ~頭上で飛び回ったので「カラスが鳴くから帰ろう」と言ったが、その子は未だいるのだと言ったと~其の事をすっかり忘れていた頃、河川敷にお地蔵様を見つけ、あの子がその場所でおぼれ死んだことを初めて知ったそうである。遠い昔の記憶は鮮明に脳裏に焼き付いて離れないと言う。カラスが早朝鳴くと悪い事が起こる前ブレと忌み嫌っていたが、だが伊豆の先輩は良い事があると言うのだ、地域によってこうも違うのであろうか?

|

2019年5月30日 (木)

何処へ行った?幸せかい

唄を忘れたカナリヤは 後ろの山に棄てましよか いえいえそれはなりませぬ 唄を忘れたカナリアは背戸の小籔に埋(い)けましよか いえいえそれはなりませぬ 唄を忘れたカナリアは柳の鞭でぶちましよか いえいえそれはかわいそう 唄を忘れたカナリアは象牙の船に銀の櫂(かい) 月夜の海に浮かべれば忘れた歌をおもいだす 何とも悲しい歌声がラジオから流れてくる。歌を忘れたカナリアである、こんなに悲しい詞だったのだろうか?作詞西條八十 作曲成田為三が戦後昭和22年6年生の音楽だそうである。悲し過ぎる、何でこんな悲しい歌をと今更ながら思うのであったが、趣旨は?傷つきやすい子供の心に希望を与え、自分の居場所を見つける事が出来れば歌い出す事が出来ると作詞家である西條八十自身の心境を歌ったと言われている。現代社会ではいじめの対象にと危惧する。奥さんは動物好き、子供のころからカナリア・手乗りインコ・15羽の十姉妹、勿論俺の元に付いてきた。その後ボタンインコが空から飛んできた、月日が経つうちに籠の掃除?餌やり?でか?飛んで行ったと~追いかければ・追いかける程に遠くに・手の届かない遠くに飛んでいき、餌獲れるのかと奥さんは心配していた。

|

2019年5月27日 (月)

みたらし団子で一杯

PM7時過ぎチャイムが鳴った、丁度奥さんがうどんを茹でている最中であった。若い彼女である「ユニバーサル・スタジオに行って来たの」「大阪?」良く知っている事だと感心してしまった。「此のみたらし団子は今日中に食べて、消費期限が今日までだから」「ご心配なく、御うどん茹でるんじゃなかった」と奥さん悔しがっていた。001_6 003_6 嬉しいな~我が家の分まで心にとめて置いてくれる、有難い行った気分を味わえる。

|

2019年5月26日 (日)

ピカピカに光輝いている

002_4 釣れました・釣れました、船釣りです、俺が釣った訳ではありませ~ん、金太おじさんは食う専門です。若い彼が釣ったのを届けてくれたのであります、早朝コンビニで何故か出会い「今日釣れたら届けます」と言われてはいたのだが、釣りは相手次第、思う様には行かぬもの、俺も奥さんも釣り経験はあるのであります。「入れ物持って来て」「好きなだけいいから」「全部いいから」とは言われても、まさかね~全部は欲張りでしょう、奥さん7匹頂き~デカい鯵だ。鯵のたたきが美味い?でもな~鯵の奴のお蔭で生もの全部食えなくなった、アニサキスの奴だ。ま~いいさ~奥さんは刺身で食う、俺は?奥さんの刺身のクズ?中落ちと卵に骨だ~身体にいいとさ~今日は届いたのが夕方だったので焼いてくれた、新鮮な魚は特別美味い・甘露・甘露である。

|

2019年5月24日 (金)

いっも待っている

もうそろそろ来ても良い頃だ、遅いな~例年なら20日だ、「無理よ、歳なんだから84歳でしょう、無理よ」毎日そんな会話をしていたら届いたのである。003_5 004_4 「絹さや終わりだけど」絹さやは初めてであるがそら豆は毎年である、金太おじさんはそら豆を栽培しない、何故ならば虫が付くからである、其れとあまり好きではない。奥さんが皮を剥いて直ぐに口に入れられるようにしてくれると食べる、奥さんの父親も同じだったな~金太おじさんはビールを飲まない、全く飲まないわけではないが~運転してきたのは御主人、挨拶しようと運転席を覗くと疲れてコックリさんしていた。お茶はないのか?新茶は?自家製の新茶は?あった・あった~早速お茶を一服。

|

飲むぞ~飲むぞ~楽しみだ

002_3 酒飲みは土産に酒を貰うと何故か?頬が緩む。ワザワザ俺に土産を買って届けてくれたのである、有難い。俺からすれば息子の年であるが、しかし居合の世界では年齢は関係ない、色々教えてもらう事多しである。立身流ではないが武道は同じ相通ずることがあり勉強になる。兎に角飲むか?イや冷蔵庫で冷やしてから飲む事にするか?飲み始めれば直ぐに腹の中に消える。彼も飲む、飲み過ぎではないか?いや人の事は言えぬ俺も30歳~40?は毎晩ウヰスキーのボトルを1本開けていた、奥さんの父親が必ず2本ずつまとめ買いした、直ぐに消えた。お蔭で十二指腸潰瘍になって穴が開いた、だが若かったからか?自然にふさがった。十二指腸潰瘍はピロリ菌が原因だとネットで読んだと奥さんが心配しかかりつけ医でピロリ菌の検査をして貰い3千円なり。飲み過ぎれば気違い水となり、程々ならば酒は百薬の長となる。

|

より以前の記事一覧