カテゴリー「ペット」の投稿

2019年8月 7日 (水)

明けない夜はない

人は過去から自由ではない、自由になれない、解放されない?お盆だ~命日だ~夢を見る、夢に現れる、何でだ?過ぎ去った事に拘る?未だに開放されない?ちび丸子の命日が9日である、1周忌である。誕生日が終戦記念日だ、命日が長崎原爆の日で俺が初めて裏千家に入門した日でもある。過ぎ去った時に耳を澄ますと色々の事が思い出されてくる、今まで見え隠れしていたことが一気に脳裏をかすめ目頭が熱くなる。たかがワンコと言うなかれ、随分と助けられ癒されてきた、大掛かりな手術を半年の間に2回もだ、しかし啼きもせず、喚きもせず手術の翌日から散歩していた、あの逞しさ、頑張りに敬意をと動物は生きる生命力が強いのだと、人間は何処かで失ってしまった。学ぶ事が多く、亡き後も未だに助けられ生きる力を貰っている。死とは?三度死ぬと言う?亡くなった時、次は火葬された時、そして愛する人が亡くなった時本当の死が訪れる。頭では分かっている、理解しているのに、人間は強がっていても弱いのである。前に進めないのは過去に拘った要求、拘りを捨てられたら誰も苦労はしない。次のワンコ?と聞かれるが、歳だ、ワンコを最後まで面倒を見る事が難しい、責任が持てない、自信がない。俺達より年上の人が次のワンコを飼い後悔している、可哀そうな思いだけはさせたくない。高齢化が進み我が町もワンコの散歩姿が少ない。

|

2019年6月27日 (木)

生き延びる逞しさに負ける

猫が俺の顔を見てヘラ~とする、笑ているのかと思うくらい親しみを込めている、何でだ~お互いに利害が一致したのか?も?何故ならば~俺はハクビシン対策に猫が一番いいと考えた、だから追い払わない。相手もそれを感じ取ったのか?いや~違った、盗人対策として菜園全体にネットを張り巡らしている、農家の婆ちゃんは「無駄だよ、何処からでも入ってくるさ」と言いまくられるが。猫はと言えば、安全地帯なのだ、天敵?から襲われずに済む?なる程と感心していたら子育て真っ最中だった、まるで此処に居ても良いよねと言う顔をする、俺だってさ~別に猫が嫌いなわけではない、ちび丸子が猫大嫌いだっただけだ。カラスにしてもちび丸子が居るとカ~カ~と鳴きながら何処かへ飛び去って行ったものだが、昨今は逃げもしない。俺とカラスは友好関係、猫とも友好関係だ、持ちつ持たれつの関係?カラスは?スイカを狙うかも、だが動物は生きる為だ許せるが人間は許せない。ワンコより猫人気、動作が可愛いからだ。だが猫は自力で餌を調達できる、野鳥や小型哺乳類をジッと待ち伏せてイッキに首筋に噛みつき捕える。離島では猫が野鳥を絶滅に追い込んだと、猫は多産だからどんどん増殖する。鼠などの有害な小動物退治の為に猫はやって来た。奥さんが子供の頃ミーコと言うペルシャ猫がいたと~「鼠も捕らないで」とブスッと洩らしたら、次の日から毎日玄関前に鼠の死骸が並んだと~気持ちが悪いので「もう分かった」と言っても鼠が並び、「もういいよ」とミーコは屋根の上を悠然と歩いていたと~さ。

|

2019年6月 7日 (金)

今となれば懐かしさだけだ

生後56日までは販売を禁じる、動物愛護法が改正された。生後56日を過ぎてから🐶子犬・子猫は購入出来る。犬慣れ・人慣れ、親から教えてもらう、咬み癖等々、社会生活のルールを教えて貰うのだ。だが天然記念物は特例である?日本犬は特別だ~い何故?種の保存の為である。前の都は45日で我が家にやって来た、目は見えるが、耳が立たない、吠え方も分からない、全てを家族総出で教えた~お蔭で5年間懐かなかった。次のちび丸子は3ヶ月弱で我が家にやって来た、無理やり譲り受けたワンコであった。ドッグショー?品評会であるが~其の為に買い求めたワンコであったとさ~金太おじさんはちび丸子も前の都も父親のお供にと買い求めた柴ちゃんであった。両ワンコともモテモテで玄関に種々色々のワンコが居並んでいた、散歩中もつきまとい迷惑千万だったが、同じ女の子の飼い主から「モテていいわね」と羨ましがられた、飼い主としては大変な迷惑なのであった。庭中ネットを張り巡らせてあるのに何処からともなく入り込んでいた。4匹ともモテて困り物であった、繁殖も考えたが~本人?が嫌がり尻に咬みつきそうになり飼い主が早々に逃げ出した。海外では既に販売禁止のルール、展示販売も禁止、命を預かると言う事から来ている。マイクロチップ装置義務化、既に導入されている、繁殖業者に義務づけられている。捨て犬・捨て猫の防止、大規模災害での迷子対策、飼い主が分かる、世界に一つだけの番号?。でもな?害はないのかな?

|

2019年5月24日 (金)

人と共に歩む

アンテナの上でピ~チク・ピ~チク鳴いている、何時までも鳴いている、何の鳥だろうか?分からないが~仲間を呼んでいるのか?綺麗でも無い鳥だが~面白い。歩いていると遠方に動く物体が~目を細めて眺めれば猫だ、ワンコではない、猫はいいな自由でいいな、ワンコは繋がれる、家の中では自由だが、外では繋がれる。補助犬?盲導犬・介助犬・聴導犬の3種類。犬種は問われないらしいが介助犬の頭数が少ないそうだ。介助犬がする事は?ゴミ捨て・ドアの開閉・着替えの手伝い・物を運ぶ、拾う・電気を消す・割り箸を割る・ベットへの移動介助・ペットボトルのふたを開ける・コンビニのおにぎりのパッケージを開ける?え~そんな事が出来る?信じられない、訓練すれば出来るのかな?ちび丸子は教えなかったからな~教えれば少しだけでも出来たかな?癒されただけでも十分幸せだった。外国だったが~何処だったか?忘れた、ワンコではなく猿だった、介助していたのは~日本では無理なのかな?。しかしだ生き物である、餌や散歩は誰がするのだろうか?008_2

| | コメント (0)

2018年12月24日 (月)

ヤッパワンコが大好きだ

ご注文頂いておりましたカレンダーが届きましたとハガキが来た。確かに1月だったか?カレンダー好きの奥さんが申し込んでいたのだ、其れも何十年ものかかりつけ医?動物病院ではあるが~よりによって初めての事であった。取に行くべきか?行かざるべきか?悩みに悩み躊躇したが~如何しても受けとるのだと言うのだ、俺は1年間ワンコの写真入りのカレンダーを眺めるのは嫌だった、失ってからの俺の方が痛みが強いのかも?女は現実に生きる?か?002ちび丸子を失い4カ月が過ぎた、奥さんの体調も戻ったようだ。ちび丸子の事を聞かれまいと家の中に閉じこもっていたが~勇気の一歩を踏み出し、顔見知りから聞かれ一部始終を話すうちに心が解放されたと~話す事で心が解き放される。知り合いにもやはりペットロスで悲しい思いをしている人がいた、奥さんと話すうちに心が楽になったと感謝された。体験者でなければ分からない事である。004ちび丸子ではないのだが^奥さんが気にいって飾っていたのだ、カレンダーの切り抜きであるが、黒い柴ちゃんには首輪があるのに、ちび丸子と同じ茶色には無いからと奥さんが首輪を書いたのだ。

| | トラックバック (0)

2018年12月17日 (月)

仏心が仇となる

マイフォトのちび丸子の写真を削除できない、削除を試みるのだが手が止まる、ダメだな~まだまだ時間が掛かる、時が必要だ。ちび丸子がいないから散歩もしない~人と合う事も無い、さつま芋を貰った、俺とちび丸子が大好きなさつま芋だ。だが~ちび丸子は俺が栽培するさつま芋しか食わん、蒸かして大量のバターを塗りまくる、あ~前の都だったか?ちび丸子は俺がバターを止めたからチーズになった。奥さんはさつま芋を食わん、子供の頃食わんかったものは歳を重ねても食う気が起きないらしい。何故か?胸焼けがするからか?昨今は近隣の高齢化が影響してきたのか?さつま芋を持て余している?だからか?俺しか食わんことを知っているのにな~保存はあまり利かんだろうに?此れからは芋づくしだな。ちび丸子と同じ柴ちゃんの飼い主を探し求めて俺の所に来たおばさん?奥さんにも訊ねたが、同じような柴ちゃんはいるが~幸いにして狂犬病の鑑札をしていた、番号が読める、あ~良かった飼い主の手元に行けるな。生憎今日は日曜日だ~交番に届ける?いないんじゃないか?おばさんが預かる事になるかも?ちび丸子が亡くなって寂しい暮らしだ、5歳くらいかな?大人しい女の子だ。イカン・イカン、決心が揺らぐ、後先を考えて行動せねば禍を招く事になる。

| | トラックバック (0)

2018年12月 5日 (水)

皮肉な巡り会わせ

005お土産だ~ちび丸子が大好きな練り物?原材料の良い物しか食わんかった。海苔も好きだった、大好きだった1枚パリパリと美味そうに食べた、だが安物の海苔には見向きもしなかった、贈答品として頂いた海苔には目が無かった、2枚は食べた「大丈夫か?」と心配になる程良く食べた。人間は不味くても勿体ないからと食べる。此のわさび漬けは超辛い、今まで食べた中で一番辛い、辛かった、奥さんは辛いのが大好きだ。食事は皆と一緒に食べると楽しい時間になる。ちび丸子とも一緒に食卓で食べていた、当然ちび丸子は食卓の下であるが~未だに奥さんはちび丸子の食事は?ハッとする事があると~帰宅した時も玄関ドワーを開けて飛び出しては来ぬかと、窓ガラスを開け放す時もやはりちび丸子の事を思い出すと~夫婦の会話は今でもちび丸子の話題が出る。「ワンちゃん飼わないの?」と未だに聞かれるが、飼うつもりはない。年頭に頼んでいたカレンダーが届いたと動物病院からハガキが届いた、ワンコの写真が載ったカレンダーで迷うな~だが奥さんは欲しいと言う。15年近く通院した動物病院で最初で最後の注文カレンダーである。

| | トラックバック (0)

2018年11月24日 (土)

ペットロス

散歩仲間に久ぶりに出会うと「ワンちゃんは?」と問われ「亡くなった」と答えると、薄らと涙ぐむ、互いに毎日の散歩だ、何処かで毎日出くわしていたのが~最近見えない~もう既に3ヶ月は経とうとしている、時の経つのは早いものだ、奥さんの体調も戻りつつある。其の人はペットロスで1年間はダメだったと~ペットショップの前から立ち上がれんかったと~仕方なく後継ワンコを買い求めたそうだ~奥さんも「ワンちゃん飼わないの?」と度々問われるそうだが、決心は固い。最後のワンコと覚悟を決めて出来るだけのことはして来たと自負している、誰からも「幸せなワンちゃん」「お宅のワンちゃんになりたい」などと言われもした~ちび丸子に問いただせば?何と答えるだろうか?最後の時、左目から涙が一筋流れ落ちた、何か?言いたい事があったのだろうか?元々涙腺が弱いワンコであったが~光景が目に焼き付いて消えはしない。買い物から帰ると玄関ドワーを開ける~あ~大丈夫かな?飛び出さないかな?と窓を開ける時も飛び出しはしないかと一瞬戸惑う、あ~もういなかったのだ、だが心の中には何時までもいる、傍にいてくれているのだと思う。もうワンコは飼えない、歳だ~責任が持てない、医療費を掛けてやれない可哀そうな思いをさせてしまう、我慢・我慢だ。最初から覚悟を決めてちび丸子を飼い始めたのだ~散歩にも行かなくなり、「最近見えないね~」と心配してくれるが~ワンコ無で散歩もさえないしな~。

| | トラックバック (0)

2018年11月22日 (木)

心から消えはしない

今日は何の日?いい夫婦の日である、11月22日ゴロ合わせだが~俺達は?如何だろうか?疲れて酒を飲み、深酒すれば~ぐうたらと愚痴を言い続ける、日々の不満がチビ・チビと口から洩れ毒を吐く~酔いがさめた翌日は?「女房に先立たれた男は惨めだ、生きていてくれて有難う」と手を合わせる、「簡単に私を殺すな」と毒づかれ我に返る。鹿児島県鹿屋市の住宅型有料老人ホーム「風の舞」で入居者6人が相次いだ死亡のニュースには驚きを隠せない「嫌よね~あんなところに入りたくない」「心配するな俺が最後まで面倒見るから」「え~無理でしょう、そっくりその言葉返すから~お酒程々にしてから言いなさい」と手厳しい。助け合うのが家族、支え合うのが家族。互いの間を取り持ってくれていたちび丸子はもういない~だが、何時までも・何時までも俺達から消えはしない。「ワンちゃん飼わないの?」と今日も聞かれた、飼えたら、育てたら楽しいだろうな~と思わなくもないが~だが、最後まで面倒を見てやれる自信がない、可哀そうな思いをさせるだけだ。ちび丸子の写真を削除出来ないでいる、ジッと見ていられない自分がいる、悲しさは続いている。今の瞬間の楽しさを大切にする、過去と比べない、今を楽しく大事にする。何時も楽しみ喜ぶ、嫌な事悲しい事もあるが、与えられた居場所で楽しみを見つけ、自分が楽だと思える事を探す。幸せとは後から思うものだ。

| | トラックバック (0)

2018年9月28日 (金)

俺達で幸せだったかい?

四十九日の法要の頃か?そうだ50日が経過した。室内を見渡せば何故か~スッキリしている~そうだ、そうなのだ、ちび丸子の愛用品が整理されたからだ、ワンコにしては持ち物が多かった。各部屋に布団だ、愛用の布団?座布団である、寝室は?仏壇の前の長座布団であった、案外威張っていたな~家族として大切に大切に面倒を見てきた。ちび丸子の気持ちは?如何だったのだろうか?全ての気持ちを理解してあげられていたか?定かではない。災害があった時ちび丸子は他のワンコと仲良くは出来ない、災害の前に逝ってしまった、我々を困らせる事なくエライワンコだ。ニコニコしていると穏やかな気持ちでいられるのだと~だがちび丸子の病状が不安定になると奥さんの心も不安定になった、叩いたりはしなかったが、悪戯した時は叩く真似をした、手を上げると目を閉じた、怖かったのかな?ワンコは痛くてもず~と我慢すると、病気でも我慢すると、ワンと吠えて欲しかった。ワンコは弱みを見せると敵に狙われたり、仲間からはぐれることがあるから、痛みや怪我を悟られないようにする習性があると~お父さん・お母さんには知らせて欲しかった。ワンコの育児本を読み漁り挌闘してきたが、全てを理解する事には至らなかった。「ワンちゃん見えないけど」と訊ねられ深く・深く思いで深く刻まれる。Dsc_0052


| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧